ブックメーカー投資 レクチャー

ブックメーカー投資を日本からの始める

野球ブックメーカー

ブックメーカーは日本からでも参加することができます。ネットでの投票が一般的で、ネットなら国境が関係ないからです。以下ではブックメーカー投資の始め方のレクチャーをします。

ネットから参加する際には、最初にブックメーカーのサイトでアカウントを作成する必要があります。アカウントを作成する際には特に本人確認が行われないケースが多いですが、本人確認が行われないわけではありません。多くが、アカウントを開設してから数日が経過した段階でトップページに書類を提出するように表示されたり、初回の出金時にもメールで求められるといった形になっています。

このとき、登録した情報と異なると、最悪の場合アカウントが凍結されてしまい、すでに入金したお金も引き出すことができなくなってしまいます。なぜ確認が必要になるのかといえば、お金が動くので安全に利用することができるようにするためや、犯罪に使われないようにするためなどの理由があります。本人確認書類の提出は、デジカメで写真を撮って、それを指定のメールアドレスに送信するか、指定のページにファイルをアップロードする方法となります。

基本的に一度本人確認を行えばそれ以後求められることはありません。ただし、大きな金額の出勤を行う時などに、再度確認される場合があります。

ブックメーカー 投資の税金をレクチャー

PCでブックメーカー

ブックメーカー投資を行うときに気になることが税金に関してです。日本では競馬などで支払う人も少なくありません。日本では宝くじ以外は課税対象になるため、前年度の1月1日から12月31日まで賞金を得たときにはその総額を申告する必要があります。

税金のレクチャーでは特別控除というのがあって、ブックメーカーでの利益が50万円以下のときは申告は不要です。金額が少ない趣味としてなら殆ど心配は無用といえます。

副業として投資をしている場合は大変有利で、他の副業では企業に勤めている場合は20万円以上、自営業は38万円以上で申告する必要があるので他よりも余裕があります。

確定申告では書類の収入金額などの欄の一時という項目に記入します。この時は費用を差し引いた金額です。例えば利益が50万円出たとしても、費用を差し引いてそれ以下になるときは申告は不要です。

確定申告は色々な書類などが必要になり手間などがかかりますが、ブックメーカーは獲得した金額を申告するときは書類は必要ないです。

日本の銀行などの専門の金融機関では、1回について100万円を超える海外送金を受けたときは国税庁や金融庁に報告する義務があり、書類がなくても直ぐに確認がとれます。そのため不正も行なうことは出来ません。

趣味や本格的に投資をするときも、確定申告は正しく行い50万円以上のときは税金がかかることを理解しておくと安心です。

FREE BET